Chryso Beryl
BeAl2O4

図書館の本

案の定図書館に行ったら次の本を借りてきました
無限ループです。

今回借りてきた本、7年くらい前にも借りたことがあるのですが、
読んでいたら・・・押し蚊が入っていました

うーん、私?私がやったやつか?覚えがあるようなない様な・・・
ってかこの数年間誰も蚊を除去しなかったんかいw

※蚊は責任もって私が捨てておきました


図書館に行くたび思うのですが
何でじっくり読みたい本ばかり禁帯なんですかね?
でかくて厚くて重たくて、図書館の机で読むには時間がかかりすぎるから家で読みたいのですが
どれもこれも狙ったかのように禁帯ばかりです。
図鑑とか図鑑とか、あと図鑑とか百科とか。図鑑と言うより鈍器に近い代物だったりしますし・・・
基本高額な本だから貸し出しできないとかいうのならわかりますが
B5サイズ2000円くらいのハンディ図鑑まで禁帯付いてる意味が分からないです(´・ω・`)
毒キノコ図鑑持って山に入るバカでもいたんでしょーか?
一方、世界の火山百科(高額)とか世界一美しい元素図鑑(厚い)とか星の地図館(デカイ)は
普通に貸し出ししてたりして、いや貸し出ししてもらって助かるんですが、基準がいまいちです。

おまけに返却した本に翌週から禁帯マーク付けられたこともありまして・・・
え?もしかしてこれ借りたら駄目だったん??でも無人貸出機で処理できたんだからOKだったんだよね?


・・・はい、文芸書は読みません。読めません。
現代小説とかセンター試験以来読んでません。ラノベはいけるんですけどね~

2015/01/23(金) 23:21:54| 未分類 | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kinryokuseki.blog16.fc2.com/tb.php/901-38b00212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

アルバム