Chryso Beryl
BeAl2O4

ちまちま書く予定です。
もともとえいぷりる用のネタです。

イーブイの進化的多様性と進化条件における遺伝物質変化


はじめに
まず、ポケモン界における「進化」の定義を確認する。通常生物において「進化」と言うと、世代が進むにつれて徐々に変化が現れることを指す。この流れは何万、何千万年もの時間を必要とし、多くの世代を必要とする。一方、ポケモン界における進化とは、ある条件を満たすことで同一個体の形状・生態・特性が変化するものであり、この「進化」ではほとんど時間を必要としない。
ポケモン界での「進化」は、通常生物では「変態:metamorphosis」と同じ現象と考えられる。
「変態」はその生物の成長段階の一つであり、遺伝的に元々備わった現象である。

イーブイにおける「進化」
ただし、イーブイの進化は遺伝子の変化であることがポケモン図鑑に明記されている。

「ふきそくな いでんしを もつ。いしからでる ほうしゃせんによって からだが とつぜんへんいを おこす。 」 
(ポケットモンスター青、ファイアレッド)
「アンバランスな いでんしによって しんかの かのうせいに あふれる。 ただ せいぞんすうが すくない。」
(ピカチュウ)
「いでんしが ふきそくなため さまざまな りゆうに よって すぐに すがたかたちが かわってしまう。 」
(プラチナ)
「くらしている かんきょうで とつぜんへんい する ふあんていな いでんしを もつ ポケモン。いしの ほうしゃせんが しんかを ひきおこす。 」
(ルビー・サファイア・エメラルド)

通常生物の「変態」には遺伝子の変化は無関係であり、少なくともイーブイの進化は「変態」とは異なることが分かった。進化に遺伝子が関係するのがイーブイだけなのか、ポケモン全体がそうなのかはまだ不明である。
図鑑説明文からわかることをまとめると、
・イーブイの進化は遺伝子の突然変異によるものである
・イーブイの遺伝子は不規則、アンバランスである。
・進化の石(水の石等)から放出されている放射線によって、遺伝子の突然変異が起きる
・進化の方向(進化先)は様々である

まず、イーブイの遺伝子がどのようなものかを知る必要がある。

イーブイ遺伝子の不規則性
遺伝子が不規則、アンバランスとはどのような状態を指すのか。そもそも遺伝子の規則性とは何か。
遺伝子の塩基は意味を持って配列されており、これは同一種ならば基本的に同じ配列となる。配列にはアミノ酸の指定という意味があるが、これが「規則性」なのだろうか。アミノ酸指定の塩基配列が「不規則」となると、イーブイは同種間でも細胞を構成するタンパク質のアミノ酸配列がそれぞれ異なることになる。こうなると他個体のイーブイは完全に「異物」であり、同種間でも交配がかなり困難になる。遺伝子の規則性は、塩基配列の規則性を指すものではないと考えるのが自然である。

遺伝的に不規則で、アンバランス、且つ不安定な遺伝子となると、機能を持つ遺伝子の配列の中に大量の偽遺伝子が入り込んでいる、と考えることができる。偽遺伝子とは、複製エラーや重複などで機能を失った遺伝子のことであり、機能がないためにそのまま次世代に分配される。偽遺伝子は、それ自体を複製する際に配列のコピーミスなどの変異によって、突如機能を持つことが知られている。これがイーブイの遺伝子の不規則性なのだろうか。





・・・・・ここまで書いて疲れた。続きはまた書きます。めんどい。
あ、この文章は私が思いつくままに適当に書いたものなので、真に受けちゃだめですよ。
ハナアルキって知ってますか(笑)

2010/04/02(金) 22:04:33| けんきゅー | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kinryokuseki.blog16.fc2.com/tb.php/571-a0670287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

アルバム